本、映画、ひと、猫、緑々農園、備忘録。。。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『いちばんここに似合う人』(ミランダ・ジュライ著/岸本佐知子訳) | main | 『聖母の贈り物』(ウィリアム・トレヴァー著/栩木伸明訳) >>
デスペラード
 昨晩のNHKの番組「SONGS」はイーグルス特集だった。

『呪われた夜』『ホテル・カリフォルニア』誰しもが夢中になったはずだ。

最後は名曲『デスペラード』
訳詞が流れ、それに魅せられた。


"Desperado(ならず者)" (by Eagles)

デスペラード 目を覚まして
ずいぶん長い間、塀の上に上ったままだね
あぁ頑固だな、君は
君なりの理由があるのは 分かってるけど
いつかはその楽しみが 仇になる日も
来るかもしれない

ダイヤのクイーンなんて 引くなよ
そんな奴 当てにならないさ
一番いい手は ハートのクイーンだって 分かってるだろう
ねぇ 目の前には いい物が揃っているのに
いつだって君が欲しがるのは 手に入らない物ばかり

デスペラード 君ももう若くはない
痛みと飢えで 家に帰りたくはないか
それから、「自由」
そう 自由なんてものは ただの幻
君はこの世を独りで歩く 孤独な囚人

冬には 足が冷たくないか
空には 雪も 太陽も見えなくなる
夜と昼の区別もつかず
君の心はこわばって 不思議と 感情すら薄れてしまう

デスペラード 目を覚まして
塀から降りて 扉を開けるんだ
周りは雨でも 上には虹がある
だから
誰かと愛を見つけて
誰かと愛を見つけて
手遅れになる前に