本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 読むと書く、話す | main | ミルフォードトラックを歩く >>
『戦中派不戦日記』を読む

iPhoneImage.png

読みたかった本。

 

『戦中派不戦日記』(山田風太郎著)

昭和20年の一年間を丹念に綴った日記。

市井の人々のありあさまがありありと描かれ、

あの日に近づくにつれて、ハラハラドキドキ。

日記文学と称されるだけあって、ただの日記ではない。

史料としても価値あるもの。

引き続き『虫けら日記』『闇市日記』『復興日記』…

読みたいもの。

10代後半からしばらくは、山田風太郎の忍法帖シリーズに夢中だった。

半村良も良く読んだなぁ。

 

並行して読んでいた『今夜すべてのバーで』(中島らも著)は、

作者自身のアルコール依存との壮絶な体験に基づいた小説。

上手いなぁ、面白く読む。

依存症は酒やドラッグだけではない。

ギャンブル、買い物、セックス…

なんにしても依存症は、人ごとではない。

巻末に中島らも×山田風太郎の対談付き。

いいタイミング。