<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画『人生フルーツ』 ほか | main | 『アイヌの碑』(茅野茂著) >>
『静かな大地』(池澤夏樹著)


小川洋子さんがブックガイド役のFM番組を毎日曜日、
愛聴している。
そこで紹介されていた『静かな大地』(池澤夏樹著)。
読み始めたら、止まらず。

江戸末期から大正期にかけて、蝦夷地での
先住民であるアイヌの人たちと本土から移り住んだ
和人たちの歴史入門として面白く読む。
主人公三郎は、池澤夏樹氏の母方の祖父の
兄(原條新次郎氏)がモデルという。
事実と創作が見事に調和。
自然、祈り、民話…
独特の文化を持つアイヌの民から、
名を奪い、土地を奪い、
大切にしてきたものをことごとく破壊し、
近代日本はここまできた。
アイヌ民族の悲しい歴史を背景に発展していった。
破壊はまだ続いている気がしてならない。
いったいどこへ向かうのか。


この小説の最後を飾る池澤氏の創作民話『熊になった少年』。
人類に向けた大きなメッセージが込められている。
絵本にもなっているのでさっそく入手。 作者も是非声に出して読んで欲しいと。
粛々とした気持ちで朗読。
熱いものが込み上げる。