<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい出会い | main | 『静かな大地』(池澤夏樹著) >>
映画『人生フルーツ』 ほか

iPhoneImage.png

『人生フルーツ』

大評判映画だからか、北方シネマも嵐の夜にかかわらず、

多くの人が観に来ていた。

 

津端夫妻の素敵な生き方は著作の『ときをためる暮し』を

読んで興味を持っていた。

 

よくできたドキュメンタリー。

が、どこか物足りない。

「プラスチックはダメ」

「コンビニで買い物をしない」

といったふたりの行動原理がみえない。

美しく日常を切り取るばかりで、

生き方の根っこが見えてこない気がした。

 

パンフレットの監督日誌によると、

実は津端修一さんは取材を断固拒否し続けていたという。

人づきあいも苦手。

何度も激しく断られたり、かなり紆余曲折あってできた映画のよう。

逆にその性格をそのまま描いたほうがよかったのでは…

なんて思ったり。

確かに素晴らしい生き方で多くの方に影響を

与えたおふたりではあるけど、遠い存在に感じられて残念。

あまり美しく脚色せずに、夫妻のありのままの姿を写し、

観る人にもっと考えさせてもいいのではないかなぁ、と。

 

ま、映画にはいろいろ思うところはあるが、

津端さんのいう「ときをためる暮らし」は、

あきらかに自分の中の何かを目覚めさせて

くれたような気がする。

 

 

ほかにも、このところの忙しさの中で観た映画。

 

『セールスマン』

イランのアスガー・ファルファディ監督作品。

レイプ被害がテーマ。

主人公夫婦が舞台役者という設定の中、

イラン社会でどう扱われるのか…

被害者が声を上げない中で起こるドラマ。

背景は違っても、どの国も一緒。

悶々としてしまった。

 

『FAKE』

これは森達也氏にしてやられた!って感じの映画。

いったいこの世の真実って何だろう?

あたまがこんがらがる。

 

『将軍様、あなたのために映画を撮ります』

これはなかなか拾い物。

不思議のクニ、北朝鮮。

最近どなたかが「北朝鮮に戦後はない、朝鮮戦争をまだやっている」

という発言があったが、まさにそうかもしれない。