<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『楽園』(夜釣十六著) | main | くじゅう男池 >>
久住山へ



5月30日、くじゅうへ。
久しぶりの登頂。

もう1週間経つのか…。
今ごろ、ミヤマキリシマも見ごろを
迎えているだろう。

花の旅。











山に入ると生き返る。
五感を澄まして歩く。
吐く息の音。
ただ自分だけ。

山では人になる気がする。