<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『キャスターという仕事』(国谷裕子著) | main | 花見ウォーク2017 >>
読書のじかん

iPhoneImage.png

毎月一度、クロスFMグリーンライフ講座で

「読書のじかん」という読書会を担当してから

はや9か月。

 

そんなこともあり、

なぜ、読書会?
読書って個人的なモノでしょ、何がおもしろいの?
流行ってんの?
って最近よく聞かれる。

 

私にもわからない 笑

読んだ本のことを人と語り合うのも自由、
語らないのも自由と思うし。

基本的にだれかと一緒に語ることが好きなだけ、
としか言えず。

 

ただ、話していると、いろんな考え方に触れることもできるし、
うんちくはためになるし、情報交換できたりするし、
せっかく読んだんだから、もっと深く掘り下げて
とことん楽しみたい、なんて、そんな気持ちかな。

好きな本のことをけなされたりすると
気分悪かったりもするけど、
たかが本、されど本、まあそう気にすることもないか、と。

 

読みたいから読んでいるだけ。
おそらく歌いたい人は歌い、
描きたい人は描く、
踊りたい人は踊る、
それと同じかなと。

 

本は自分を別世界に連れて行ってくれる。
知らないことを教えてくれる、
自分には欠かせない存在。

救われることも多々あったし、
この世に本があってほんとによかった。

 

読書会の進め方については、昨年秋の朝日新聞文化欄に
掲載されていた読書会のススメについての記事の中での
ある方の発言を参考にしている。
以下に抜粋。

 

  大切にしているのは「作品に敬意を払うこと」。
  作家をこきおろしたり、上から目線で批評したり

  しない。「ついつい本の審査会のようになりがち。
  できるだけいいところを見つけるようにしている。
  批判2に対して、褒めるのが8、の割合を大切に

  しています。」

 


語るのも大事だけど、耳を傾けるのも大事。

これがなかなかできないんだよねー