<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< おんなじいのちコンサート | main | 読書のじかん >>
『キャスターという仕事』(国谷裕子著)

この人でなければならない仕事、というものがあるものだなぁ。

 

まさか降板なんて考えたこともなかった番組、

国谷さんがキャスターを務め、23年間続いた

「クローズアップ現代」が、終了してほぼ一年。

 

自分は、決して熱心な視聴者ではなかったけれど、

この時間帯にTVを見ることがあれば、必ずチャンネルを合わせていた。

 

この番組を見ることで、自分と社会がつながっているような、

そんな安堵感もあり、見ずにいられなかった。

毎日開く、新聞のようでもあった。

 

国谷さんがいうところのキャスターの役割の一つ、

「視聴者と取材者の橋渡し役」として、

まさに自分の日常にも国谷さんがしっかりと存在していたことに、

終わってから気づかされた。

 

視聴者と同じ目線でいることを重視して

毎回毎回、自分の言葉で話し、伝え、納得のいかないことは

とことん追求する…

物事をあらゆる局面から考え抜いて、橋渡し役に撤し、全うされた方。

うすうす感じてはいたが、その日々の努力は並大抵では

なかったことが、この本で明らかに。

 

読後、懐かしさからYoutubeで国谷さんの「クローズアップ現代」や、

記者クラブ賞の受賞講演を見返してみた。

あいまいな言葉は一切使わない、はっきりしたものの言い方が

なんとも爽快。

 

有能で強靭な精神力を持つ人物、といった面だけではない、

混迷する社会を共に生きるやさしさを併せ持つ、そんな人物のような気が。

魅力的な国谷裕子さんにただ今、かぶれ中なり。