<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1月備忘録 冬の京都散策 | main | 2月の映画「沈黙 サイレンス」 >>
映画「ふたりの桃源郷」

2月の東田シネマ、「ふたりの桃源郷」。

 

88歳、病の身ながらもなお、薪を割り

背筋をピンと伸ばして直立するおじいさん、カッコいい!

 

山道で手に入れた、たった一本のリンドウをおじいさんに

差し出すおばあさん、かわいい!!

 

敬語で語りかけ、敬いあう夫婦、家族の姿がうつくしい。

 

たったふたりの山暮らし。

自然の中で多くの命や愛に囲まれ、豊かに生きたふたり。

ともに慈しみ合い、体を動かし、できることはなんでもやって、

生きることを全うしたふたり。

こうした人の営みは、子や孫に累々と引き継がれてゆく。

 

夫婦とはなにか、家族とはなにか、老いとは…

生きていくうえで大切なことはなにか。

そんなことを考えさせてくれる、感動的な作品だった。

 

 

腰の大きく曲がったおばあさんは、まさに亡き母の姿。

どうしても両親を重ねてしまう。

こういう映画、今の若い人はいったいどう見るのだろうか。

 

 

日本のドキュメンタリー映画の良作を上映してくれる東田シネマ。

来月は『 広河隆一 人間の戦場 』 

4月からの北方シネマにも期待大。