<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 映画術 ヒッチコック/トリュフォー | main | 『グアテマラの弟』(片桐はいり著) >>
2017年は『沈黙』(遠藤周作著)から

iPhoneImage.png

新年最初の一冊。

1/21から映画の公開も控えていることもあり、

遠藤周作の『沈黙』を開く。

 

江戸時代、厳しい弾圧によってキリスト教を棄教せよと

迫られた宣教師や信者たち。

壮絶な拷問シーンがありありと描かれ、終始辛い。

信仰とは何か、人間とは何か…

殉教、棄教、転ぶ…

自分ならどうするか…

葛藤に次ぐ葛藤、ともに苦しむ。

けれども、読み終えて、すがすがしい気持ちになってしまった。

なぜか…

どんな拷問を受けようとも信念を貫き、

信仰を守ろうとする宣教師や信者たちの

尊厳にあふれた言動や行いのせいか、なぜなのか…

 

読まねば、と思いながら手をつけられなかったけれど、

映画公開がきっかけとなった。

映像化、楽しみだなぁ。