<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 父の生きる | main | 2017年は『沈黙』(遠藤周作著)から >>
映画術 ヒッチコック/トリュフォー

 

iPhoneImage.png

時折、訪ねてきてくれて貴重な映画談義をしてくれる

映画フリークのお友達、M夫妻。

昨日、ドキュメンタリー映画「ヒッチコック/トリュフォー」

(2015/米・仏)のチラシを届けてくれました。

 

そこで引っ張り出したのが、30年ほど前、

当時トリュフォーファンだったこともあって、

大枚はたいて買った大著『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』。
 

一つ一つの作品がヒッチコックとトリュフォーの

インタビュー形式で詳細に解説されているから、

わかりやすいし面白いのなんの。

80年代の半ば、小倉でも次々リバイバル上映されていた

ヒッチコック作品を見ては、この本を開いたもの。

トリュフォーの序文(といってもかなり長い!)が名文。

ここ読んだだけでも、〈映画作家〉ヒッチコック好き加減が

半端ないことがよくわかります。

 

当時2900円。20代の自分にとっては、高額だった記憶が…

勇気のいる決断だったけど、買ってよかったなぁ。

ということで、この本にまつわる映画「ヒッチコック/トリュフォー」、

絶対見なくてはなりません!

 

 

 

M夫妻は先日、「アルジェの戦い」、昨日は「スモーク」を観たという。

なんともうらやましい限り。

iPhoneImage.png