<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2016年11月15日くじゅうを歩く | main | 映画「この世界の片隅に」 >>
父を看取って・・・

iPhoneImage.png

2016年春。父と見た桜。


父の葬儀、施設の部屋の片付けもほぼ終え、

今日から店を通常営業です。

 

11月25日、父が息を引き取りました。

前日の夜、いつものように入院中の父を見舞い、手足をマッサージして、

また明日ね、といって別れたのですが、翌日早朝には息がなく。
享年82歳。

昨年1月、脳こうそくで倒れてから1年10か月。

それからは病院と施設を出たり入ったりではありましたが、

倒れる前日まで元気で仕事も現役でしたし、

この春まで車椅子で桜を見に連れ出したりしていましたので、

大往生といってもいいでしょう。

 

えんげ障害があり、口からの食事がなかなか困難でしたが、

最後まで「食べたい」という本人の意思を汲んであげようと、

一緒に頑張ってきました。
胃ろうや心臓マッサージなど、いわゆる延命処置はしないという

方針でしたので、苦しみ少なく逝ってくれたと信じたい気持ちです。

寂しくはなりますが、姉と交代で

ほぼ毎日のように顔を見に行きましたので、
今、思い残すことは何もありません。

 

葬儀には、高齢にもかかわらず働かせてくれていた会社の方々も
たくさんご会葬くださり、涙を流してくださいました。
わたしたち家族よりも父と多くの時間を共に過ごしたであろう

みなさまから働きぶり、暮らしぶりを聞き、多くの方に

愛されていたのだなぁとちょっぴりうらやましくもあり、

また誇りにも思いました。
ほんとうにお世話になりました。

 

若いときは何かしら大きなことを成し遂げようとして、
家族(特に母)を顧みなかった父。
なかなか思うような生き方ができず、悩み多かったようですが、
今思うと常に自分のことは後回しで、周りのことばかり考えていた父でした。
苦労して育ててくれたにもかかわらず、

自分も若かったせいか、あの頃の父の悩みを理解して

あげられなかったのは申し訳なかった、と反省しています。

 

50代半ばで家を飛び出し、周囲を混乱させましたが、

北九州に移り住んでからのそれからは、
誰かのために…と日々、目の前にあるどんな小さなことでも

真面目に取り組み、朗らかで充実した日々を送っていたようでした。

亡くなった母の供養もよくしていました。
自分も今ちょうど同じ年齢にさしかかり、
人はこの年齢からでも生まれ変われるんだ、

という勇気をもらった気がしています。

 

自分の酒好き、映画好き、本好きは父の影響。
大好きだった父

器用で働き者だった父
大酒のみで陽気だった父
困ったときにはいつも助けてくれていた父
時々、仕事の合間にふらりとお茶を飲みにやってきていた父

・・・

数え切れないほどの思い出。

大切にしていきます。

笑顔でいることが一番の供養かなと思って、

日々を過ごそうと思っています。

 

今頃、母に謝っているかなぁ 笑

自分が今ここにあるのは父と母のおかげ。

心からありがとう。

合掌