本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画「怒り」 | main | 2016年11月15日くじゅうを歩く >>
映画「ハドソン川の奇跡」

実話を基にしたイーストウッド作品。

 

切れ味のするどい演出、余計なシーンはなく、サクサクと物語が

進む速足の展開。

それなのに途中、何度か自然と感動が込み上げてきて、

涙こらえるのに必死だった。

ラストは爽快だし、さすがと思わざるを得ない。

イーストウッドにまんまとツボを押さえられた気分。。。

 

原題は、機長の名前の「Sully(サリー)」。

冷静沈着に事を成し遂げた機長本人は、

自分は英雄ではない、奇跡ではない、仕事を全うしただけ、

全力を尽くしただけ、チームワークがよかったから、

と言っているところが、さらに感動を呼ぶのだろうな。

 

 

さぞや世界を騒がせたであろうこのハドソン川の不時着水事件。

自分の記憶にとんとなかったので、調べてみると…

2009年1月15日、まさにキリマンジャロにアタック中であった。

登頂は16日。前後数日間はテレビも新聞もなし。納得。