本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画『イレブン・ミニッツ』 | main | 映画「怒り」 >>
中村哲氏とアフガニスタン

つい先日放送されたETV特集「武器ではなく 命の水を〜

医師・中村哲とアフガニスタン」が、もうyoutubeにアップされていた。

 

 

中村哲氏の偉大な功績は多くの人が知るところ。

紛争、干ばつ、難民問題…とアフガニスタンを次々に襲う惨禍。

そんな国でなぜ、と思わずにいられない。

氏が語る動機は、「目の前の困っている人を見捨てるわけにはいかない」

ととても明解。

 

素晴らしいと思うのは、どんなに立派な水路を作っても
治水は、彼らの手で管理できなくては意味がないと

何百年も先のことを考え、アフガニスタンの市井の人々と

常に共に行動する点である。
国や政治の力を借りず、長い年月をかけ、市井の人々とともに築き上げた

功績であることに心動かされる。

 

番組の最後で述べた氏の言葉がとても新鮮だった。

 

「これは平和活動ではない、医療の延長なんです。医療の延長ということは

どれだけの人間が助かるかということ。結果として我々の地域には、争い事が

少ない、治安がいい、麻薬が少ない、ということが言える。これが「平和への

一つの道である」と主張したことは少ないと思う。ただ、戦さをしている暇はない、

戦さをするとこういう状態はますます悪くなる。結果として得られた平和で

あって、平和を目的にわれわれはしているわけではない」

 

 

 

番組を見て、『天、共にあり アフガニスタン三十年の闘い』を
読みたいと思っていたら、ウォーキング途中の古本屋さんでばったり。

 

この本の冒頭には幼少時、数年間暮らした若松のことに触れ、
弱者は率先してかばうべきこと、職業に貴賤はないこと、

どんな小さな生き物の命も尊ぶべきことなど、

祖母マン(火野葦平の母)の説教が自分の倫理観に

根ざしていることなどが綴られている。

 

 

youtubeでのこちらの記者会見も興味深し。

 

 

最後に「照一隅」という伝教大師の言葉に触れている。

 

置かれた立場で全力を尽くす。。。

心にとどめておきたい。