本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< また会う日まで | main | 今年もありがとう >>
哀しい別れ

谷口けいさんと。
ペルー、インカトレイル、標高4215mの峠にて。

世界的な女性登山家、谷口けいさんが、北海道黒岳で滑落し、遭難。
2015年12月22日、死亡が確認された。

昨年6月、インカトレイルトレッキングでガイドしていただき、
お世話になったけいさん。信じられない!

旅の後半、主人が膝を痛め、最後尾でついていくのがやっとだったこともあり、
いつも気にかけてくださっていた。
なんとかマチュピチュにたどり着いたものの、
テーピングしていただいたり、
可能な限り登りましょう、とのけいさんの励ましがなかったら、
翌日のワイナピチュ登山は、きっと主人は諦めていただろう。

私たち二人にとって、完歩できたこの旅が心に残るものになったのは、
けいさん、そしてもう一人のガイド鈴木さんのおかげ。

高さには関係なく、世界に数ある前人未到のピークを極めたい、
と生き生きと語っていたけいさん。
年の離れた夫婦である私たち二人がめずらしかったのか、
どうやって知り合ったんですか、とこっそり聞いてきたり、
独身女性らしいかわいい一面も。
たくましいだけではない、気さくで心優しい素敵な女性だった。
43歳、まだこれから。さぞや無念だったかと。

ネパールでも、お見かけしたことがあるので、
またいつか縁あって山でお会いすることもあるだろう、
などと呑気に夢見ていた。
悔やまれてならない。

昨日は、知人の女性の訃報も届き、哀しい一日となった。
くも膜下出血、56歳だった。

今、自分がここにいることは、奇跡かも知れない…

お二人のご冥福を祈るばかり。合掌。