本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『セラピスト』(最相葉月著/新潮社) | main | 夏、何処 >>
現実逃避

ギィ〜ゴットン…
自然の力を借りて、昼夜休みなく打ち続ける小鹿田の唐臼。
今日も静かに時が流れていた。

梅雨で鬱々。
無性にこの場を離れたくなり、大雨警報が叫ばれる中、
南へ南へ車を走らせた。

雨か地震か…落石のため、途中通行止めでちょっと大回りし、
日田から小鹿田へ。


登り釜に火が。




棟方志功筆 道祖神。よく見なければわからない。




昔は、いつ来ても販売所にはたくさんの器が並び、
お気に入りを手にして帰ったものだったが、
ここ数年の民藝人気であちこち発送されるのか、販売所はガラガラ。
掘り出し物探しができず、ちょっと寂しいが、
それでもまた足を運びたくなる場所。


日田で天然の鮎料理堪能。
鮎の背越し。


塩焼き



ゆったりと漂う三隈川


しばしの非日常で、少し気分転換。