本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ニャンニャンニャンの日も過ぎた | main | 優柔不断万歳 >>
憂さ晴らし2冊

伊藤比呂美と佐野洋子、最強のふたり。
続けて読んだら、胸すっきり。

いつもの調子かなと思ったら、ちょっと違った『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』。
詩であり、語りでもあり。
伊藤比呂美らしい匂いをプンプン放つ文学作品。
紫式部文学賞、萩原朔太郎賞かぁ〜やっぱり。

よくまあ膿のように言葉が出るもんだな。

とにかく最近は、伊藤比呂美の作品が読みたくてたまらない。
とげ抜きにも出てくる、石牟礼道子との対話『死を想う』、
早く読みたい。