本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画『ローズ』 | main | 『血の婚礼』(ガルシア・ロルカ著・牛島信明訳) >>
水族館劇場『NOMAD恋する虜』
 

6月1日、駒込大観音にて。

凝りに凝った舞台、音響、水の芸術に耳も目もフル活動。言葉のひとつひとつが
刺激的。台詞でストーリーを語ることは
しない。が、ストーリーは追えずとも、
雰囲気で
どんな人生を、何を語ろうとしているかが伝わってくる。


気と緊張感に圧倒され、酔いしれる。さほど広くもないテント小屋、最後列で
俯瞰してみたためか、役者さんも客席も一体となって、まるで箱舟にでも乗って
浮遊しているかのような気さえした。

 

裏方さん=役者さんたち一丸となって、あの壮大な舞台装置を作り上げたかと
思うと、その情熱には脱帽。こうしちゃいられない、なんとなくエネルギーが
湧いてくる。

これで観納め?機会あればまた駆けつけたい。。。