本、映画、ひと、猫、緑々農園、備忘録。。。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋の一日 | main | 本日は晴天なり >>
猫中毒
物心ついたころには猫と暮らしていて、
長い(!)人生のうち猫と暮らさなかったのは
ペット禁止だったアパート暮らしのとき、ほんの5年ほど、か。
でも、我慢できず、こっそり飼ってしまったけれど。

拾ったり、迷い込んできた猫ばかり。
思い出は数限りなし。
かわいいだけに別れは身を切るように辛い。
猫のいない頃は、ほとんど毎日のように猫の夢を見た。
嘘ではない。。。猫中毒。

好きだからといって猫グッズで身を固めたいとか、
そういうのとはちょっと違う。

城田さんの一箱から選んだ『日本の名随筆3 猫』
その中から。

      私の犯罪百科事典

  猫…多毛症の瞑想家
  猫…食えざる食肉類
  猫…灰に棲む老嬢
  猫…殺人事件の脇役
  猫…財産のない快楽主義者
  猫…唯一の政治的家畜
  猫…長靴をはかないときは子どもの敵
  猫…真夜中のヴァイオリン弾き
  猫…舌の色事師

                (寺山修司『猫の航海日誌』より)

ニヤリ。