本、映画、ひと、音楽、旅のことなど
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
山福朱実×末森樹

戸畑ー小倉ー箱崎と今週、一日置きに山福朱実さんと末森樹さんのライブ体験。

好きになってしまったら、暴走してしまう自分。
好きなんだから、しょうがない!


夢の中


夢のような一夜から、なかなか目が醒めず。
ど、どうしてくれよう…
また会う日まで

12月12日朝、夢見心地で目覚める。

昨夜は、楽しかったなぁ。
ふちがみとふなとさんの音とうたが、
井手のあの空間に溶け込んで…
楽しいだけではない、なんだかじんわり
懐かしい気持ちも溢れてきたり。

けいさんしかり、ふちふなさんしかり、
好きなことがあって、大切な人たちがいて
私はほんとに幸せものだ。




今夜は熊本、明晩は福岡でライブとのこと。
また、会いましょう!


余韻

__.JPG

刹那的な気分



テント芝居どくんごの新作で効果的に使われていた曲、
テオ・アンゲロプロスの「永遠と一日」(エレニ・カラインドルー作曲)

刹那な気持ちでいるときにこの曲は堪えた。

悲哀漂うメロディー…
こういうトーンがいちばん自分らしくいられる気がする。



 

続きを読む >>
やないけい、ふたたび
__.JPG
「探検やないけい」。

力いっぱいつくったのか。
ん、わかるわかる。
気になるひと
__.JPG
1月はじめ、若松スカンクノオトで2曲聞かせてもらって、
気になり、CD手に入れて、最近よおくかけているやないけい。

くらやみの部分、とか…
あとにひくことばかり、とか…
トイレに座こむ、とか…
ほこりまみれ、とか…

これはふつうじゃないよ。 
わるい意味ではなく・・・

秋の一日
のどかな秋の一日。

気ぜわしい自分もたまには、ゆっくりすごそうという気になる。

ついついかけてしまうのはハンバートハンバートの曲。
素直なうたごえにじっくりと耳を傾ける。




愛の始まりと終わり、喪失と再生・・・
嬉しかったことも哀しかったこともどれも大切な思い出。

「生活の柄」「ブラザー軒」も入っているこのアルバムは
いま、わたしのたからもの。

CD「わたしのあおぞら」
緑々では、ホームレス支援機構からお預かりした
CDアルバム「わたしのあおぞら」(歌・谷本仰)を
この春から販売している。

一枚2,000円。
収益は、ホームレスの人たちを支え、自立を目指すための
施設(抱樸館)の建設のために全額寄付される予定。



ときどきかけてみる。
ふんわりやさしさに包まれる。
弱った時、心の支えともなっているCD。

前にもとり上げた大好きな曲が
谷本さんの訳・うたで入っている。

これは…たまりません。
くりかえし、くりかえし聴く。 

「THE ROSE」 訳:谷本仰

愛は川なのか 名もない草を呑みこみ
愛は刃なのか 魂を切り裂き
愛は飢えなのか 果てしなき痛みか
きっと愛は花 君はその種

壊れるのが怖くて 踊れぬ心
覚めるのが怖くて 旅立てぬ夢
失うのが怖くて 与えられぬ人よ
死ぬのが怖くて 生きられぬ魂

夜は孤独すぎて 道は遠すぎる
愛は運がよくて 強い奴らだけのものか
知っていよう 冬のさなか 重い雪の下で
種は待っている 陽に照らされバラと咲く 春を
好きな曲
The Rose

Some say love it is a river
That drowns the tender reed.
Some say love it is a razor
That leaves your soul to bleed.

Some say love it is a hunger
An endless, aching need
I say love it is a flower,
And you it's only seed.

It's the heart afraid of breaking
That never learns to dance
It's the dream afraid of waking
That never takes the chance

It's the one who won't be taken,
Who cannot seem to give
And the soul afraid of dying
That never learns to live.

When the night has been too lonely
And the road has been too long.
And you think that love is only
For the lucky and the strong.

Just remember in the winter
Far beneath the bitter snow
Lies the seed that with the sun's love,
In the spring, becomes the rose.